危険なキイロスズメバチの駆除は早めの対策が重要

作業担当者

被害者にならないために

散布作業者

キイロスズメバチの巣を見つけた場合には、駆除や撤去が済むまでは自分の身を守る対策が必要になります。対策のポイントを把握して、しっかりと自己防衛を行なうことが被害を最小限に留める手段です。

詳しく読む

刺された場合の対処

困る

駆除の前や、自分で駆除をしようとキイロスズメバチに不用意に近づいて刺された場合には早急にその場を離れて、対処を行ないましょう。対処後は駆除会社に依頼して巣の撤去とハチの駆除を相談しましょう。

詳しく読む

危険な相手の倒し方

男の人

キイロスズメバチの駆除には、多くの危険があります。死に至る恐れもあるため、入念な準備と対策をすることが重要です。安易に自力で駆除しようとせず、経験豊富な駆除会社に依頼しましょう。

詳しく読む

生体から見る退治時期

ハチ

春先から秋にかけて凶暴化するハチ被害。都市部に順応して生息するキイロスズメバチによる被害も、駆除依頼では多く挙げられています。スズメバチの中でも最小サイズであるキイロスズメバチは、民家の軒下に巣を作ります。そのため、気付かない間に巣が肥大化し、攻撃範囲の広がる秋に被害が増大するのです。都市部の駆除依頼で多いのがこのキイロスズメバチの駆除でしょう。まずスズメバチの生態としては、冬が終わった後に嬢王バチが目を覚まします。そして春になり、巣を作る場所を探します。この時に民家の軒先や、空き家の玄関先など人の住居を選ぶことが多いのです。人の過ごしやすい場所は餌場が近く、気温、風や雨の影響を受けにくいこともあり、ハチにとっても巣を作りやすい場所と言えます。特に都市部に順応しているため、そうした環境に慣れている可能性もあります。そして、住み家をとする場所を決めたら、女王バチによる巣作りが始まります。これが春の期間に行なわれる行動です。この期間は、働き蜂がいないため、余程のことがない限り攻撃されることがありません。巣も作り始めで小さいため、気付きにくい期間です。巣が形成されたら、次に女王ハチは卵を産み、働きハチを育てます。夏になるとある程度の軍勢が作られてきます。この時期から、巣が肥大化します。大体の人が、大きくなった巣で気がついて駆除依頼することも多いようです。秋になると巣の増大に加えて、ハチの凶暴性がピークになるため早めに対策しましょう。